ヘッドホン選びで悩んでいるならコレを買え! AKG『K240 Studio』レビュー

ヘッドホンの選びの深き闇に落ちる前に、この1台。

AKGK240 Studio』。

既に闇落ちしている方も、闇に落ちそうな方も、
騙されたと思ってこのヘッドホンを試すべし。

AKG『K240 Studio』は音に偏りがなく、フラットな優等生

モニターヘッドホンとして長く売り出されているだけあって、このヘッドホンに変な癖は無い。

悪く言えば退屈な音と言われかねないが、少し考えてみてほしい。

本来、ヘッドホン(その他音楽再生機器)は録音された音楽(その他音)を歪めること無く、忠実に再現することを目指すべきなのではなかろうか。

あれやこれやとヘッドホンを収集してしまうよりも、ひとまずAKG『K240 Studio』の偏りのない音を聴き込んでみてほしい。

厚すぎず、薄すぎない絶妙なイヤーパッド。長時間の使用に耐えうる。
ただし暑い時期は少し蒸れる。

K240 Studioを買ったなら浮いた予算でケーブルに拘るべし

AKG『K240 Studio』はリケーブルが可能

今までヘッドホンやイヤホンで聴き込んでこなかった方にとっては、純正のケーブルでも十分な満足を得られる。

ただ、
このAKG『K240 Studio』はリケーブル対応。

コンセントからプラグを抜くかのように、ワンタッチでヘッドホン側のケーブルが簡単に着脱可能なモデルとなっている。

たかがケーブル、されどケーブル。

予算に余裕があるならば、是非とも下記のケーブルを試してみてほしい。

ケーブルの長さで値段が変わってくるが、大体3000円~4500円程。

ケーブルにそんなに!?
と思われるかもしれない。

だが、
ヘッドホンをK240 Studioにしたならば、きっと当初想定していた予算と比べて余裕があるはずだ。

BELDENと言えば、知っている人は知っている。
オーディオケーブルメーカーの雄。

BELDEN(ベルデン)『88761』

ケーブルがワイヤーのように固い。

よって室内固定用。

BELDEN(ベルデン)『82761』

ケーブルが88761より柔らかめなため、取り回しがしやすい。

ただし、
付属のケーブルと比較するとこれでもまだ固めなので注意を。

NEUMANN(ノイマン)

ノイマンもオーディオケーブル界隈だと定評のあるメーカー。

これらの3本の中では一番ケーブルが柔らかく、取り回しがしやすい。

ヘッドホンの価格帯は闇が深い

ヘッドホン1つに50万?100万?全くもって馬鹿げている。

単車や軽自動車の値段と、ヘッドホン1つの値段がどうして釣り合うと思うのか。

高いものは良いものだという幻想を、搾取したい強欲なメーカーから植え付けられているだけということに気づくべきだ。

この記事で、一人でも多くの方がヘッドホン市場の深き闇から抜け出してくれる事を願う。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

10年間使い倒した不朽の名作、ゼンハイザー『HD25』を徹底解剖

写真・映像用のモニターならこれで決まり!カラーマネジメント機能搭載モニターのおす...

SONY『WH-L600』でゼロから始めるサラウンド生活(実機レビュー)

これぞ真の『無音』。そんな世界へと誘われるSONY『WH-1000XM3』ヘッド...

とりあえず、ならこの1台!Panasonic『DMP-BD90』ブルーレイプレー...