高勝率トレード学のススメ – 必要なのは心得・技術・規律(書評/レビュー)

高勝率トレード学のススメ(マーセル・リンク著/パンローリング社)
トレードの世界において必要なのは、マーケットと対峙する心得・マーケットを乗りこなす技術・マーケットで生き続ける規律。
これらが一つでも欠ければ、マーケットにおいて継続的に、安定的に利益を上げることは出来ない。
マーセルリンク氏は、そんなマーケットと向き合う上で欠かせない要素を、バランス良く、そして時折、ユニークなエピソードも交えつつ、この1冊に上手くまとめてくれている。
本書は、やる気はあるがまだ右も左も分からないトレーダーも、順序立てて学ぶことができる教科書的なトレード本である。
おすすめ度
読みやすさ
内容充実度

 

「高勝率トレード学のススメ」
このタイトルだけ読むと、少し怪しげに響いてしまうこのトレード本。

トレードで成功を志す者にとって、高い勝率で安定した利益を求めるのは正しいことではある。

だが、
そのことを全面的に押し出されると、思慮深い者ほど訝しげになってしまうものだ。

しかし、
その内容たるや、極めて誠実にマーケットの真実が描かれている。

マーケットの世界に飛び込まんとする新たなトレーダーが、最初の1冊として手にとってもなんら差し支えはない。

  • マーケットと対峙する『心得』
  • マーケットを乗りこなす『技術』
  • マーケットで生き続ける『規律』

これらの重要な要素を、500ページを超えるボリュームに渡ってバランス良く構成されている。

もし、
マーケットについて右も左も分からない状態なのであれば、この1冊を丁寧に読み解いてみよう。

以前の自分とは一味違った視点からマーケットを観察することができるだろう。

経験のあるトレーダーでも、一読してみることで共感できる部分があったり、新たな気づきを得られたりして、基本を今一度見直すことができる。

また、
紙の書籍でなく電子書籍でも問題ない場合は、Kindle Unlimitedに登録すると無料(*)で読むことができるようだ。
(* 登録後30日間無料/それ以降は月額980円)

高勝率トレード学のススメ(マーセル・リンク著/パンローリング社)
トレードの世界において必要なのは、マーケットと対峙する心得・マーケットを乗りこなす技術・マーケットで生き続ける規律。
これらが一つでも欠ければ、マーケットにおいて継続的に、安定的に利益を上げることは出来ない。
マーセルリンク氏は、そんなマーケットと向き合う上で欠かせない要素を、バランス良く、そして時折、ユニークなエピソードも交えつつ、この1冊に上手くまとめてくれている。
本書は、やる気はあるがまだ右も左も分からないトレーダーも、順序立てて学ぶことができる教科書的なトレード本である。
おすすめ度
読みやすさ
内容充実度

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

重視すべきは『素のチャート』- 矢口新の短期トレード教室(書評/レビュー)

『デイトレード』(書評/レビュー)-マーケットで生きることの意味

買ってよかった!真空パック器のフードシールド。オススメの袋も紹介

大通り沿いの物件

大通り沿いの賃貸物件を借りて後悔した話

レオパレスのマンスリー賃貸アパートに1ヶ月住んだけど、マジでヤバかった話

実践FXトレーディング-トレードにおいて勘・感情を排除するイグロックメソッド(書...