『デイトレード』(書評/レビュー)-マーケットで生きることの意味

デイトレード(日経BP社)オリバー・ベレス/グレッグ・カプラ著
「この書籍を読まずしてトレード語るべからず」そんな格言すら相応しいトレーディング書籍の名書。
これからマーケットに挑もうとしている者。既に痛手を被った者。今まさに戦場の真っ只中の者。
そんな、すべてのトレーダーに一読をおすすめしたい。
(ただしテクニカル等の具体的な解説は無いと思ったほうが良い)
おすすめ度
読みやすさ
内容充実度

 

オリバーベレス、グレッグカプラ両氏が執筆した『デイトレード』という書籍がある。

「この書籍から何が学べるのか?」と聞かれれば、一言。

「マーケットそのもの」

と答えられる。

 

もう少し詳しく言うならば、

「マーケットそのものと、それに対峙する自分自身」

である。

 

小手先のテクニックではない。

この先マーケットで生きていくうえで、学び、実感し、反省し、改善していかなければいけないこと。
「マーケットと自分自身との戦い」をこの書籍を通して痛快に読み進めることができる。

 

「この書籍を読むことで、即座にマーケット(トレード)で利益を上げられるようになるか?」と聞かれれば、

答えは「NO」である。

しかし、
長くトレードを続けていく道程で、思い悩んだり、挫けそうになった時に、
この書籍を読み直してみよう。

 

きっと、あなたの心の支えとなってくれる。

 

トレーダーに寄り添って成長を見守ってくれる、そんな書籍だと感じている。

トレードに関する書籍としては、比較的購入しやすい値段設定なのも、長年に渡って高い人気を誇っている理由の一つかもしれない。

デイトレード(日経BP社)オリバー・ベレス/グレッグ・カプラ著
「この書籍を読まずしてトレード語るべからず」そんな格言すら相応しいトレーディング書籍の名書。
これからマーケットに挑もうとしている者。既に痛手を被った者。今まさに戦場の真っ只中の者。
そんな、すべてのトレーダーに一読をおすすめしたい。
(ただしテクニカル等の具体的な解説は無いと思ったほうが良い)
おすすめ度
読みやすさ
内容充実度

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プロパンガスが高いから、いっそ契約しないという荒業をしてみた

相場の転換を見極める-移動平均線究極の読み方・使い方(感想/レビュー)

トレードで勝ち続けるための勝利の鍵、それはマーケットに対する自身の信念にあり。ゾ...

海外からの振込を利用する際『手数料が1番安い銀行』はこれだ!

バビロンの奴隷人と現代の会社員は本質的に同じである/書籍「バビロンの大富豪」から...

ダミール著『プライスアクション短期売買法』の柔軟思考トレード理論