ハリオのMSS-1TBはエスプレッソ抽出可能な極細挽き対応。 手挽きコーヒーミル

手挽きのコーヒーミルで、エスプレッソ抽出が可能な極細まで挽ける物はないだろうか。

そう思い立ち、
様々なミルを検討した結果、ハリオの『MSS-1TB』を購入するに至る。

ネットではエスプレッソ抽出が可能かどうかの情報がなく、
半ば人柱であったが、結果的に上手く抽出できる粒度まで挽く事が可能であった。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥2,118 (2021/04/11 01:11:14時点 Amazon調べ-詳細)

ハリオMSS-1TBの極細挽き粒度比較(vsデロンギ KG364J)

  • ハリオMSS-1TBは0から3メモリ解放位置
  • デロンギKG364Jはエクストラファインの2番

その粒度は見た目ではほとんど変わらない。

手触りでは、僅かにデロンギの方が細かく感じる程度だ。

また、
手挽きという事で、粒度の均一性に不安があったが、何てことはない。素晴らしく粒の揃った挽き目である。

ハリオMSS-1TBの粒度調整メモリはまだ3メモリ余裕があるため、
さらに細かくすることが出来るが、これ以上細かくすると手挽きでは時間がかかりすぎてしまう。

3メモリの挽き目であれば、比較的短時間でエスプレッソの分量を挽くことが出来る。

0の位置から3メモリ回した所が実用的範囲内だろう。

エスプレッソマシンを手に入れたなら、是非とも一緒に手に入れておきたいのがグラインダー。それも、 エスプレッソの極細挽きに対応した物でな...

ハリオMSS-1TBの極細挽きをエスプレッソマシンで抽出

抽出時間に対するエスプレッソの抽出量も問題なく、しっかりとしたクレマも出来ている。

デロンギの家庭用エスプレッソマシン『EC680M』を購入し、約1年が経過したのでそのレビューと当時この機種を選んだ理由をつらつらと。エス...

ハリオ『MSS-1TB』は日本製、セラミック刃、それでいて良心的な価格

ハリオ『MSS-1TB』を購入する前は、ポーレックスのミニを検討していた。ネットでの人気も高く、エスプレッソの極細挽きも可能という情報が豊富だったからだ。

created by Rinker
ポーレックス(Porlex)
¥10,896 (2021/04/11 01:11:14時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、
このポーレックス、妙に高い。

下手な電動コーヒーミルよりも高い。

まともな極細挽きが出来るエントリーモデル、デロンギの『KG364J』と大差無い程に。

そこで目をつけたのが、ハリオのMSS-1TBだ。

  • 臼式
  • セラミック刃
  • 日本製

と、ポーレックスとよく似ている。

そして、
好みは分かれるが、ハリオのMSS-1TBは挽いた粉の容器が透明で、粒度と量を蓋を明けずに確認することが出来る。

最後に、『値段』。

ポーレックスに対して実売は3分の1以下と、良心的な価格設定となっている。

 

もし、

「エスプレッソ用の極細挽きが出来るミルが欲しいが、
電動タイプやポーレックスだと予算オーバー…」

という方にとって、
ハリオの『MSS-1TB』はガラスの王様(玻璃王)からの良き賜り物になるだろう。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥2,118 (2021/04/11 01:11:14時点 Amazon調べ-詳細)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トレードで勝ち続けるための勝利の鍵、それはマーケットに対する自身の信念にあり。ゾ...

エスプレッソの極細挽き対応!グラインダー『KG364J』レビュー

海外からの振込を利用する際『手数料が1番安い銀行』はこれだ!

使い勝手◎普段使いに最適。 刃渡り120mmのペティナイフ『貝印 関孫六』

低温調理器の真骨頂-鳥の胸肉を限界突破のプルプル世界へ-『Anova nano』...

分かりづらいって本当?GMOとくとくBBのwimax2+のキャッシュバックを申し...